テレクラでお金をかける意味について

最近は、有料でテレクラの相手を紹介してくれるサイトもあったりします。
ただ、テレクラに電話代以外のお金をかけることは、避けたいと思う人もいるかもしれません。
確かに、お金をかけることなくテレクラをする方法はいくらでもあります。
出会い系サイトで相手を見つけることができれば、その相手とは電話代以外には特にお金をかけずにテレクラができるわけです。
ただ、お金かけない方法はあるわけですが、お金をかけないことがいいわけではありません。
逆に、お金をかけることにそこまで躊躇いがないのであれば、むしろお金をかけた方が充実したテレクラが楽しめると思います
例えば、有料のテレクラサイトを利用することで、より質の高い相手を紹介してくれますし、そのような相手なら満足できるテレクラが楽しめるはずです。
出会い系サイトで知り合った相手は、正直未知な部分も多いですから、その相手とテレクラをしても満足できるとは限らないのです。
それを考えたら、確実に質の高い相手とテレクラをした方が、時間においても効率がいいわけですし、モチベーションも高くすることができると思います。
これは、別にテレクラだけの話ではなく、世の中に存在する様々なサービスも、お金がかかる方が良くなるわけですから、お金をかけない選択肢が必ずしもいいとは限らないのです。
ただ、当然ですがテレクラにお金をかけた方がいいかどうかは、人それぞれなわけです。
ですから、決して全ての人に、有料サービスをオススメすることはありませんし、当然ながらお金をかけない方がいいと考える人だって多いわけです。
大事なことは、お金がかからないからと言って、安易にそっちを選んだりせずに、お金をかけることの選択肢もしっかりと考えることが大事なのです。

テレクラをする理由

■セックスに愛は必要か?

愛は必要?
愛のないセックスなんて…とか、セックスは愛の証、といった言葉を耳にすることがありますが、これって本当のことなんでしょうか。
確かにそれが好ましいのかもしれませんが、愛がなくてもセックスはできますよね。
そもそもセックスは性交ですから、動物の子孫を存続させるための行為なのです。
動物が交尾するのに愛は必要ありませんし、人間がセックスするのも基本的には動物の交尾と同じであるはずです。
それに愛し合うカップルといえども、性欲に駆られてセックスをしているケースもたくさんあります。
ハイティーンや20歳そこそこのカップルが子孫を残すなどの理由でセックスしているとは思えませんし、夫婦であっても避妊具を使用してのセックスは普通のことです。
つまりセックスは子孫存続のために行なう必要もなく、愛や恋を求める理由もないということなのです。

■楽しむためのセックス

それなら、まったくバーチャルな世界でプレイするテレクラも充分アリなのではないでしょうか。
テレクラはあくまでも性欲を満たすためだけの行為です。
そのため、パートナーとのセックスに不満があったり満たされないといった人がその欲求を満足させるためにテレクラを行なうことは珍しくありません。
男女の間においてセックスの占める役割は非常に大きいのです。
よく離婚の理由として「性格の不一致」などといいますが、これは実は「性の不一致」である場合も少なくないのです。
このように、離婚の原因ともなるほどセックスの相性は重要なのです。
したがって、ほとんどの点については満足しているけれどもセックスはイマイチといったパートナーとの関係を上手く継続させるためにも性的欲求をどこかで満たさなければなりません。
かといって浮気をしたり風俗に通うのはパートナーとしても許せないでしょうし、本人も心苦しく感じることもあるでしょう。
テレクラなら浮気には相当しませんから、愛する人との関係を保つための大人の選択といえるかもしれませんね。

テレクラは相互関係

相互関係通常のセックスと同様、テレクラも相互関係が大切です。常に相手を尊重し、一緒に上り詰めていきましょう。
とはいえ、慣れないうちは緊張するもの。会話が終わった後、「楽しかったけど、どんなこと話したのか覚えてない・・・」なんてことも珍しくはありません。
しかし、心配は無用です。臆せず場数を経験していけば、次第に余裕が生まれるようになります。そうなれば、自然と相手を気遣えるようになります。
場を盛り上げる方法は多々ありますが、いずれも“雰囲気”にアプローチするものであると覚えておきましょう。
音から快楽を得るテレクラは、声だけでなく“道具が立てる音”も非常に重宝されます。バイブなどのモーター音も悪くありませんが、やはり自らの体を使って立てる“生の音”の臨場感には敵いません。
あなたが女性であるなら、バナナやアイスキャンディーを使った疑似フェラ音を相手に聞かせてみましょう。バイブでも構いませんが、こちらは硬いうえにサイズが大きいものが殆どで、口腔・顎に優しくありません。
じゅるっと吸い付く音はもちろん、くちゅくちゅとついばむ様なキスの音も興奮を誘います。相手の様子を伺いつつ、どの音が効果的か探っていきましょう。
あなたが男性の場合も、こうした音を出すことは有効です。耳たぶや乳首に吸い付くような音を聞かせ、煽りましょう。合間に、荒い息遣いを聞かせても効果大です。
いずれにせよコツは、臨場感を意識することです。実際のセックスでも、同じ箇所ばかり責められては飽きますよね。体の上〜下、胸〜秘部へという具合に流れをつくりましょう。

彼女を好きがゆえに

■関係は上手くいっている

テレクラは昔からあるセックスプレイの一つですが、いま一つメジャーになり切れない感があると思いませんか。
その理由として、テレクラをしている人なんてモテないヤツだというイメージがあることも一つではないかと考えられるんです。
でもそれって、実に偏見なんじゃないかと思うんですね。
というのも僕には付き合って2年近くなる彼女がいてもちろん肉体関係もあるんですが、実はテレクラも楽しんでいるんです。
「えっ、彼女がいるのにテレクラをしてるの?」と驚いている人もいるかもしれません。
「付き合ってはいるけれども、関係は上手くいっていないんだろう」そう思う人もいることでしょう。
けれども、僕に言わせれば彼女とのセックスとテレクラは「別モノ」なんです。
僕は彼女のことが好きだし彼女も同じ気持ちだと思いますし、お互いこれからも変わらないでしょう。

■浮気の代わりに

しかし、最近そんな気持ちもある部分だけが変化してきたんです。
それは、セックスです。
付き合って2年近くなるとセックスもマンネリ化してしまい、以前のような刺激や興奮が感じられなくなってきたんです。
二人の間のセックスは、もはや「惰性」なんです。
男女が付き合うにおいてセックスはとても重要な役目を果たしているのは知っていますから、このままでは僕たちの間もそのうちおかしくなってしまうのではないかと心配なんです。
そこで友達に相談したところ、「浮気をしろ」というんですね。
浮気をすれば彼女とのセックスが新鮮に感じられてまた新たにセックスできるという理由らしいんですが、そんなことができるはずはありません。
そこで思いついたのがテレクラなんです。
これなら相手の女性と付き合うわけもないし、浮気にはなりませんからね。
結論から言うと、テレクラのおかげで彼女とのセックスは上手くいくようになりました。
けれどもテレクラの刺激も忘れられずに、今も月に何度かはテレクラも楽しんでいます。